April 2017

筋緊張

日光に当たると生成されるV.D.は、Caが吸収されるのを助長するという特質で知られていて、血中のCa濃度を微調整し、筋肉の活動を調整したり、骨を作ってくれます。 現在、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗する抵抗力、即ち免疫力を保持していない人々の割合が高くなっていることや、受診が遅れることが主因の集団院内感染が増えていると言われています。 基礎代謝量(kcal)というのは目覚めている覚醒状態で生命を保っていく(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張のキープなど)のに外せない理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを言います。

Read More

ストレス関係

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの原因である花粉の放出量に比例するように深刻になってしまうデータがあるということです。 自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持っていない一般の人でも使う事のできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスが指示してくれる通りに対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の応急処置の効果を発揮してくれます。 グラスファイバーでできたギプスは、丈夫で軽量な上に長く使うことができ、濡れてしまってもふやけないという長所があり、今の日本のギプスの中でも主流となっているのです。 ストレスが溜まる構図や、簡単な抗ストレス法など、ストレス関係の詳しい知識を保持している方は、さほど多くはありません。

Read More

体脂肪率

体脂肪量(somatic fat volume)には変動が見られず、体重が食事・飲酒や排尿などで短時間で増減するようなケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減れば体脂肪率が上昇します。

Read More

ストレス

塩分と脂肪の大量摂取を控えた上で運動に励み、ストレスの多すぎない毎日を意識することが狭心症をもたらす動脈硬化を予め防ぐ方法です。

Read More