大気中

花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが要因で睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの業務内容に芳しくないダメージを及ぼすこともあります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在している血糖値に深く関与しているβ細胞がダメージを受けてしまったため、患者の膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなることで発症に至るという自己免疫性の糖尿病です。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短く、大気中に存在するオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊すなど、皮膚にとって悪い影響を与えるのです。
杉の花粉が飛散する季節に、小さなお子さんが体温は普通なのにクシャミを連発したりサラサラした水っ洟が止む気配をみせない症状だったなら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があります。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という2種の手術が一般的に使われています。
万が一血液検査で現実問題としてエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明したら、足りていない分の女性ホルモンを足してあげる治療で緩和できます。
BMIを算出する式はどこの国も一緒ですが、値の評価は国単位でそれぞれ少しずつ違い、JASSOではBMI22であれば標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合は低体重と定義しているのです。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、カビの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などに感染、もしくは寄生してしまった感染症であり即ち水虫のことなのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを促すという特長が特に有名で、血中のカルシウム濃度を調節して、筋肉の働きを適切に調整したり、骨を作ったりしてくれます。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素自体の生成活動をサポートしているという事が判明しました。
HIV、つまりエイズウイルスを保有した精液や血液、女性の母乳、腟分泌液等の体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分などに接触すれば、感染する危険性が大きくなってきます。
お酒に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、不快な宿酔に極めて有効です。嫌な二日酔いの因子といわれるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失われてしまった後に購入できて、新薬と同一の成分で経済的な負荷を抑制できる(薬の代金が高くない)後発医薬品そのものです。
塩分や脂肪の大量摂取はやめて自分に合った運動に努め、ストレスを感じすぎないような毎日を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を予め防止する方法だといえます。
汗疱(かんぽう)とは手の平や足の裏、又は指の隙間などに細かい水疱が出る症状で、おおむね汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出てくると水虫と思い込まれる場合もままあります。