微調整

高血圧(hypertension)がある程度続くと、身体中の血管に強い負担がかかった挙句、体中至る所のありとあらゆる場所の血管に障害が発生して、合併症を併発する見込が高まるのです。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを支える機能で広く知られており、血液の中のカルシウム濃度を操作して、筋繊維の働きを微調整したり、骨を作ったりします。
1型糖尿病というのは、膵臓にある血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことにより、患者の膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなって発病するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコールを毎晩飲む事・体重過多等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁って、最近、日本人に患者が多い疾患の一種です。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術」の二つの異なる技術が熱心に導入されています。
BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も共通ですが、値の評価は国家ごとに異なっていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と決めています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく目覚めている状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに外せない基本的なエネルギー消費量のことを言います。
AIDSはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因のウイルス感染症の事であって、免疫不全へと至って些細な真菌などによる日和見感染や癌などを複数発病する病状そのものの事を総称しています。
目と目を合わせることなどで、当事者がセラピーアニマルをとても愛おしく思った時に「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを軽減したりヒーリングなどに繋がっています。
アルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、嫌な二日酔いに極めて効果的です。苦しい宿酔の要因だといわれるエチルアルデヒドという物質の分解に関係しています。
複雑骨折して大量出血してしまった状態では、血圧が急降下して眩冒やふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血症状が出る時があります。
筋緊張性頭痛とは肩凝り、首凝りが原因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「重くてたまらない痛さ」と表現される症状が特徴です。
急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・吐き気・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染による急性腸炎の場合は凄まじい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒のあまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)になります。
もう既に歯の周りのエナメル質を浸食するまでに悪くなってしまった歯周病は、おそらく炎症そのものが安定することはあっても、失った骨が元の量に復活することはないのです。